質屋の利息は高いってほんと?

質屋の利息は高いってほんと?

質屋の利息は、カードローンより高い

質屋の利息は、カードローンより高いというのは本当です。質屋の表示している利息は月利です。年利に直すと100%を超えることもあるほど、利息が高いんです。これは、質屋の営業形態が、原則3カ月の質安預かりという、非常に短期間の融資であるという理由から、法律で認められているためです。

質屋の利息は、カードローンより高い

全ての利息には、法律で規制があります。質屋業というのは、「質屋営業法」という法律に定められたルールによって行われており、一方、消費者金融やカードローンは「貸金業法」という別の法律によるルールの中で営業されています。

「質屋営業法」のルールとしては、利息は年利で109.5%が上限、月利に直すと9%が上限とされていて、「貸金業法」ではカードローンの場合、年利20%が上限とされています。

質屋とカードローンの利息相場

ここでは、具体的な質屋とカードローンの利息を比べてみたいと思います。

カードローンの利息

三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」の場合で比べてみました。

借入額 金利 利息(1か月分)
10万円 年13.6%~年14.6% 1,133~1,216円
60万円 年13.6%~年14.6% 6,800~7,300円
200万円 年10.6%~年13.6% 17,666~22,666円

質屋の利息

比較的金利が安いことで人気の大阪屋 尼崎本店の場合で比べてみました。

借入額 金利 利息(1か月分)
10万円 月5% 5,000円
60万円 月4% 24,000円
200万円 月3% 60,000円

単純に利息だけで比べると、カードローンのほうが格段に安くなっています。ただし、質屋の場合は、お得なキャンペーンを行っていることが多いので、それも活用すると安く抑えられます。上記の大阪屋 尼崎本店の場合だと、《2泊3日のご利用なら、金額に関わらず利息は「1%」》といった好条件があったりします。

そういったものを賢く利用できれば、1か月間の利息で比べても、カードローンより安くなる場合があるんです。ただし、長期で借りる予定がある場合は、やはり質屋の利用よりも別の手段を探したほうが得策ですね。

質屋を利用するメリットは督促がないこと

1カ月間で比べると割高な利息を支払ってでも、質屋は利用するメリットがたくさんあります。まず一番は、お金を必ず返すという義務がないことです。お金が返せないと思ったら、商品を手放せばいいだけですから、質屋から督促の連絡や返済の催促はありません。

信用情報にも傷は一切つきませんし、家族や知人に質屋の利用がばれてしまうこともありません。カードローンや消費者金融に比べて、リスクが少ないお金の借り先と言えるでしょう

更新日:2018/07/25