質屋と買取ならどちらがお得?

質屋と買取ならどちらがお得?

ブランド品など、自宅のタンスの肥やしになっているものを現金化するには、質屋・ブランド買取専門店・リサイクルショップなどがありますよね。ここでは、質屋とその他の買取専門店の違いや特徴、どちらがお得かといった観点で比較してみます。

買取の特徴

買取といっても、種類がいくつかあります。金・プラチナの買取店、ブランド品の買取店、CD/DVDや古本などの買取店、そしてリサイクルショップです。それぞれ得意分野を明確に持っていて、その分野の査定には自信があるお店が多いです。

ブランド買取といっても、取扱いバリエーションが多く、実際は金・プラチナや楽器、電化製品なども取り扱っているところも多いですね。多くの質屋は、これらの買取も並行して行っていて、ブランド買取のサービスだけでいうと専門店と質屋に違いはありません。

一点だけ、違いがあるとすると、取り扱っている商品の価格帯が違うことがあげられます。特にリサイクルショップなどの買取店は、食器やノーブランドの服など、日用品を取り扱っているので、1点あたりの査定が安いです。中には、洋服の買取はグラムで量り売りという店もあります。

買取の特徴

質屋の場合はそのような買取は行っていません。一点一点が高額なものを取り扱いますから、ルーペなどを使って丁寧に商品の状態を査定します。

質屋の特徴

質屋の特徴は、買取と融資という2つのサービスを提供できる点です。質屋を営むには許可証が必要になります。古物商許可証と質屋許可証です。買取だけであれば、前者の古物商許可証さえあれば良いのですが、質屋はその両方を持っているため、質預かりで融資を行うということが可能になっているのです。

質屋の特徴

元はというと、バブルの時期にブランド品や宝飾品などの高額な品物がバンバン世の中に流通し始めたことへ着目した企業から、質屋が全国に広がっていきました。当時の買取専門店は、自宅に押し入って安い値段で買いたたくような悪徳業者が多かったため、質屋は大変重宝されましたが、今ではどちらも安心できる企業がほとんどになっています。

また、質屋に預けた商品は、利息と元本を返済すれば、手元に戻ってくることが最大の特徴です。買取店ではその場で手放してしまえば、商品は二度と戻ってきませんが、質屋の場合は必要な資金繰りが終わりさえすれば、商品も元通りに戻ります。

査定金額は質屋と買取専門店で違う?

それでは、質屋で買取を行うとき、買取専門店で買取を行うときで、金額に差はあるのでしょうか?実は、基本的にはその違いによる差はありません。買取金額は、その時の相場で決まっていくからです。

相場は、オークションで決まります。買取業者や質屋が持つ、古物商許可証を持った業者のみが参加できるオークションが存在しており、そこで中古品の売買が行われるのですが、そこで売り買いされる相場を正確に判断して、業者は査定価格を決めます。

査定金額は質屋と買取専門店で違う?

つまり、質屋で売っても、買取専門店で売っても、基本的に条件は同じで、あとは店ごとの目利きと相場の把握の力量にかかっているということになります。

ただし、同じ質屋ではじめから買取を利用するのと、質入れするのでは査定額に違いが現れます。業界大手の大黒屋の場合だと、質入れ場合は、はじめから買取する場合の7割程度の査定額が付けられるということです。

なぜなら、質入れの場合は質流れ(=買取)となる時期が、質入れ日の3カ月後になるため、そのときの正確な相場は予測しづらいからです。ただ、これは大黒屋の場合であって、全ての質屋に共通するものではありません。

中には、質流れの時点で買取へ切り替えを行い、その時の相場満額で買い取ってくれるようなところもあります。詳しくは、各質店に聞いてみましょう。

更新日:2018/07/25